MCIスクリーニング検査

HOME   >   診療案内   >   MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査 ~もの忘れや認知症が気になる方へ~

当院で、軽度認知障害(MCI)の検査ができます。

2025年には65歳以上の高齢者のうち認知症の人は約700万人(5人に1人)に増加すると予測されています。現在、認知症は症状の進行を一定期間防ぐ薬はあるものの、根本的な治療薬は未だ開発中です。大切なのは発症後の治療ではなく、発症前の予防です。認知症発症前に発見し、予防に取り組みましょう。

65際以上の5人に1人は認知症

軽度認知障害(MCI)とは

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)とは、健常者と認知症の中間の段階を指します。そのまま過ごすと約5年でその半数以上が認知症に進行すると言われています。最近の研究ではMCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができると分かっています。

MCIスクリーニング検査とは

MCIスクリーニング検査は、アルツハイマー病の前段階であるMCIのリスクをはかる血液検査です。アルツハイマー病はアミロイドベータペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。この検査では、アミロイドベータペプチドの排除や毒性を弱める機能を持つ血液中の3つのタンパク質を調べることで、MCIのリスクを判定します。

65際以上の5人に1人は認知症

MCIスクリーニング検査はこんな方におすすめです!

  • 50歳以上の方
  • 最近、もの忘れが増えてきた。
  • 肥満や糖尿病など生活習慣病の恐れがある。
  • 親や家族の様子が少し変わった気がする。

MCIスクリーニング検査をご希望される場合

【要予約】お気軽にお問い合わせください。

検査は少量(7㏄)の採血のみ。検査結果が出るまで2~3週間かかります。 予約制ですので、医師又は受付までご相談ください。

(出典:MCBI Inc.「MCIスクリーニング検査のすすめ」より)

【自由診療】 検査費用 16,000円 (消費税込)